2010年7月にJr.野菜ソムリエになりました。2011年11月、ル・コルドンブルーL.A校にて最優秀の成績でディプロマ取得。         マイクをクリック!!


by keiton-usa

<   2011年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

こんにちは。



昨日は沢山の「お誕生日+成績おめでとう!」コメント有難うございました!
私は2年前の誕生日にブログを始めたので、ブログも今日から3年目です。
沢山の人が訪問してくださって、本当に感謝感謝です。

コルドンも皆さんに「いい報告しなきゃ」って思うから頑張れるわけであって、
ブログなしでコルドンに入学してたら、きっと卒業するのがギリギリだったと思います。
本当にどうも有難うございます。

今は、とにかく卒業に向けて忙しくて余裕がないんですが、
又、落ち着いたら去年同様、プレゼントの企画をしようと思っていますのでお楽しみに~♪




さて、今日はサラダのテストから始まりました。

予め昨日、使える材料のリストを渡されてまして、
サラダは4種の食材、ドレッシングはある材料を好きなだけ、と言う条件で評価を受けました。

昨晩、どんなサラダを作ろうか頭を悩ませたんですけど
シンプルで女性が好きそうなサラダにしました。って、シェフは男性ですが・・・・
使える材料が限られてるのが辛い。



e0185225_6294865.jpg

こちらがmy salad。

メロン、イチゴ、サラダリーフミックス、松の実の4種類。
フルーツは9ミリのメロンボール(くり貫き)で丸くくり貫きました。

ドレッシングはきちんと乳化されているかがポイントになるので、
全員、マスタードを入れます。(マスタードは分離しない為のバインダー)

デジャンマスタード、シャンパンビネガー、レモン、砂糖少々、塩・胡椒、
サラダオイル、ペースト状まで叩いたエシャロット、フレッシュディルのみじん切り。
全て目分量。

このドレッシングで野菜を軽く和え、横に2オンス分も添えて提出。


評価は、「ドレッシングがとても良い、このサラダにディルがとても合っている。
ローストした松の実、プレゼンも非常に良い」との事。あー、疲れた・・・・・ホッ。

このフルーツ、トングじゃ無理なのでピンセットで並べてるんです。
隣の子がちょっと呆れてた。(笑)
私の道具箱にはピンセット2本と、先の細い箸も入ってますよ♪ 






e0185225_630010.jpg

ここからはグループ料理。
今日は簡単な料理でしたね。

リエット(フランスのパテの様なもの)とドイツのポテト料理。

評価は、「リエットは良く出来ている、ポテトに入っているオニオンが少し焦げているのが気になった。」

んー微妙・・・



e0185225_630855.jpg

こちらは、スエーデンのポテト料理とエビ+バターソース。

エビとバターソースは私とパートナーの子が作りました。
香り高いコートブイヨンというアロマティックなブイヨンでエビをさっとボイルし、
その残りのブイヨン少々と沢山のバターをシャカシャカ泡だて器で分離させないように
作っていくソースの料理。

シンプルといえばシンプルなんですけどね、エビの火の通し方、
バターソースの分離に気をつけなければなりません。

評価は「エビの調理時間、ソース共に非常に良い」ですって。わーい!
確かに美味しい。



又週末がやってきましたね。
今日は金曜日で少しだけ余裕があるので、少年に夕ご飯を任せる事にします。
アドバイスだけで、絶対に手は出さない。

献立を聞いてみると、「カレーとサラダ」ですって。
なんだかウキウキしてて楽しそう。





ご訪問有難うございます。
2つのバナーにクリックして頂けると大変感謝です!
↓↓↓

人気ブログランキングへ




もう一つの料理ブログ「カリフォルニア・カフェ」も「ELLE」オンラインで
更新してます。


コメントを下さる方へ
大変楽しみにしています。ブログをしている方も、していない方も
気軽に残してくださいね。

写真・記事の無断掲載・転載は
御遠慮願います。
[PR]
by keiton-usa | 2011-07-30 07:25 | ル・コルドンブルー
こんにちは。

今日も引き続き豆料理。
世界には沢山の豆料理があるもんですねぇ。


実は、豆料理って私不得意・・・。決して、戦前、戦中生まれじゃないんですけどね(笑)。
芋、かぼちゃ、豆など、ボソボソするものが苦手なんです。 
よく言えばホクホクとも言うよね・・・(笑)


こう、豆豆が続くと気分がどよーんとしてきますよ。はい。

あ、ちなみに納豆、豆腐、金時豆などは大好きです。日本万歳。




e0185225_5312834.jpg

こちらは、Split peas soup。
個人的に評価を受けるもの。

豆がマッシュされるまで煮込みます。
豚のHam Hockも一緒に。これは、ジョイントの辺りかな?
豚がトコトコ歩くところの直ぐ上。(笑)分かる?

非常に良いだしが出ます。
評価は、「もう少しカラーは薄い方が綺麗だが、フレイバー、味共に良し」。

色がダークになる理由は、野菜の焦がしか、煮込む時に強火で煮込み過ぎて
鍋の表面が焦げるから。ゆっくりコトコト、これですね。




e0185225_5314032.jpg

ここからはグループ。
こちら、Feijoada。ポルトガル料理です。

見た目は怖いけど、ソーセージが入っていて美味しい。
評価は良かったんじゃないかな?おっちゃん作。



e0185225_5314850.jpg

こちらNew England baked beans。
パートナー作で、モラセス(糖蜜)入りのビーンズ。
焼いたベーコンも入ってますよ。

こっちの人って、ベーコンにメープルシロップをかけたりするでしょ。
そんな雰囲気の料理。

好みは別として、味の興味だけで試食すると、なかなかいい風味です。

評価は「豆の炊き方が美しい。味もしっかりしていて良い」。




e0185225_5315823.jpg

こちらMorosy Christiano。私の料理。
キューバ料理ですね。なんかの戦いにちなんだ料理名です。

これも、ホント、困った。
まじで日本人の私にはよく分からない料理ですもの・・・

ブラックビーンズをベイリーフや玉ねぎと一緒に炊いて、
炊き上がりのライスと合わせる料理。

フライパンにライス、ビーンズ、煮汁、塩を入れ、とにかくあおる。振る。
豆やご飯をつぶしちゃいけないのでね。

評価は、「塩をもう少し増やす事」でした。




e0185225_53277.jpg

こちらはSuccotash。
ニューイングランド、ペンシルバニアの料理。

色が鮮やかで美味しい料理。
これ、コストが安いので、世界大恐慌の時によく食べられてたんですって。

評価はは良し。



e0185225_5322189.jpg

Frijoles de la Olla。

どこの料理でしたっけ?南米のどこか。
揚げたトルティーヤといっしょに食べます。
上にチーズも乗ってますよ。

こちらの評価も良かったです。



e0185225_5323529.jpg

Hoppin Jhon。ブラックアイピースを使ったサウス・キャロライナの料理。
グッド・ラックを祈願して、お正月に食べられる料理だそうですよ。

評価は、「ライスの混ぜすぎでちょっと潰れている、塩味が足りない」でした。




豆料理はとりあえず終りますけど、豆の種類を沢山覚えなくてはなりません。
そして、毎日の料理はグループで作っているので、そんなに負担はないんですが、全てのメニューの
食材や、調味料のプロダクトIDを暗記する量が莫大。(泣)

今から次のテストを考えると苦しい・・・・・







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





ところで、私自身がすっかり忘れてた事なんですが、どうやら今日はMy Birthday。
友達からのメール、電話、そして家に帰宅すると、パパ君からのメッセージが置いてあり、分かった次第。

学校もラストスパートで全く余裕なく、お祝いモードではないんですが、
みんなの気持ちがとっても嬉しい・・・有難う♪

e0185225_5324457.jpg

そんなご褒美なんでしょうか。
今日、学校で2度目の成績優秀者発表がありました。

わーい!わーい!選ばれました!

さすがに、2度目は人数が少なかったです。
この調子で、ラストまで頑張りたい。でも、不安。でも頑張る。でも不安。(笑)






ご訪問有難うございます。
2つのバナーにクリックして頂けると大変感謝です!
↓↓↓

人気ブログランキングへ




もう一つの料理ブログ「カリフォルニア・カフェ」も「ELLE」オンラインで
更新してます。


コメントを下さる方へ
大変楽しみにしています。ブログをしている方も、していない方も
気軽に残してくださいね。

写真・記事の無断掲載・転載は
御遠慮願います。
[PR]
by keiton-usa | 2011-07-29 07:12
こんにちは。

今日は豆、豆、豆・・・・・
世界の豆料理レクチャーから始まりました。




e0185225_9252754.jpg

こちらエジプト料理の代表選手、Falafel。

独身時代に友達とエジプト旅行に行った時に食べました。
メニューが読めなかったので、隣の人が食べていた料理をミートボールのフライだと
思って頼みました。

出てきた料理がこれ。
当時は「なんてあっさりしたフライ・・・これ、肉じゃないじゃん・・」って
友達と怒ってたんですけどね、材料は豆だったんですね。

何故か、あの時の味を覚えてるんですよねー。20年近く前の事・・・・

評価は、「フレイバーは良いが中が少し、生っぽい。もう少し揚げ時間を長く」。
おっちゃん作なんですよ。

ガーリックや豆、スパイスをフープロにかけて揚げる料理。
ベジタリアンにグーですよ。


e0185225_9253665.jpg

Cassoulet。
ダック・コンフィを入れたフレンチ。

久々のフレンチですね。
カスレは豆とダック・コンフィを煮込んだものにハーブ入りパン粉をかけて焼きあげる料理。

オイル漬けにしておいたダックコンフィがいい味をかもし出してる。
ただ、これ、焼き上がりのままサーブした方がいい気がしました。

評価は、「表面のパン粉をもう少しカリッと焼き上げる」だったかな?
でも、味は良いと言われていました。




e0185225_9254525.jpg

Bruschetta with white beans and prosciutto.イタリア選手。

白いカネロ二ビーンズとプロシュートのブルスケッタ。
個人的には、ビーンズをマッシュしない方が好きだなー。
でも、レシピに沿った作り方なんでしょうね。プロシュートも生の方がいい気が・・・・・

評価は、「塩味が少しキツイ」



e0185225_9255480.jpg

Pasta e fagioli。どこの選手だっけ?(笑)
やっぱりイタリア?

ショートパスタと豆のスープ。トマト味だし想像しやすい味ですよね。
評価は「豆の煮方、パスタの煮方が良い。フレイバーもグー」。




e0185225_926574.jpg

こちら私が作った、Fool Medames。またまたエジプトの選手です。

この料理、なんだか分かんないまま引き受けたんで
レシピに書いてある材料に聞いてみました。ちょっといっちゃってます・・・・・(笑)

「ねえ、あなた達はどんな味を表現したいの?
酸味?辛味?ハープのフレイバー?しっとり感?」

材料を見ると、豆がメインなのは分かるんですが、レモン果汁も多いし、
オリープオイルも多い。
ハーブ2種類。
あ、レシピはガイドラインと言われてまして、参考程度です。

結局、ピタブレッドに付けるディップなので、薄めのぼやけた味はNGだし
酸味も主張してハーブの香りもしっかりだすと。ガーリックの風味も忘れずに。

こんな感じで頭を整理しながら適当に作りました。
途中でシェフに味見を1度してもらって、また味を調えしっかり冷やしてフィニッシュ。

評価は「表面が乾かないように、もう少しオリーブオイルを垂らしても良かったが、
味、フレイバー、ピタブレッド全て良い!」。

ちなみに、レモンの上の緑はディルのみじん切りを軽く付けたもの。

なんだか嬉しかったなー。
食べた事も、想像もつかない料理で褒められるのって・・・
自分が美味しいと思えばそれでいいのね。






ご訪問有難うございます。
2つのバナーにクリックして頂けると大変感謝です!
↓↓↓

人気ブログランキングへ




もう一つの料理ブログ「カリフォルニア・カフェ」も「ELLE」オンラインで
更新してます。


コメントを下さる方へ
大変楽しみにしています。ブログをしている方も、していない方も
気軽に残してくださいね。

写真・記事の無断掲載・転載は
御遠慮願います。
[PR]
by keiton-usa | 2011-07-28 10:13 | ル・コルドンブルー
こんにちは。

今日もアジア系のお料理が多かったですよ。
デモは、ミソ・スープ。(笑)

昆布とカツオで出しを取り、白味噌・赤味噌のどちらかを選ぶ。
具は、ネギ、豆腐、わかめ。

味噌汁はそれぞれが作ってシェフの評価を得るのですが、
「Keitonの味噌スープは誰のよりも美味しい」と言って頂きました。

嬉しいですけど、毎日の様に作る味噌汁のダメ出しされたらちょっとショックですよねぇ・・・





e0185225_5295349.jpg

ここからは、グループで作る料理。
今回のメンバーは今までで一番ストレスゼロです。

私の今までのパートナーやおっちゃんとも又一緒。
穏やかで熱心なメンバーなので嬉しいー♪

こちらは、おっちゃん作のBlack eye peas salad。
この豆を使ったサラダはいろんな国のものがありますが、これは
インドかな?

揚げたジンジャーがいいアクセントになってます。

評価も良かったですよ。



e0185225_530090.jpg

インドネシアのTempeh(テンペイ)料理。
厚揚げに似たテンペイ。初めて食べました。

「フィッシュソースをもう少し効かせた方が良い」って評価。
でも、上手く出来てました。




e0185225_530823.jpg

Chickpeas in spicy tomato sauce。
これもアジアの何処かの料理。

「フレイバーが良い。とても良く出来ている」ですって。
ピリッと美味しかったです。





e0185225_5301720.jpg

Tok dal。
インドのカレーの一種だと思います。

今までのクラスのパートナーが作ったものなんですけどね、
「味を見て」って言われて味見するんだけど、イマイチ基準が分からない。

食べなれないもの、初めて食べるものが多いこのクラスで大変なのは
やっぱり味の決め方。

評価は、「味が全体的にぼやけてる・・」だったかな?
でも、この子は今日、頭痛薬飲みながら作ってたのでよく頑張りました。




e0185225_5302652.jpg

こちら私が作ったHong Shao Rou。
中国の豚の角煮。

シャンハイ辺りの味付けらしいです。
色の黒さは、中国の醤油を使っているから。
ちょっと甘めで、トロッとしてる。

このお料理は日本の角煮同様、箸で割けるくらい柔らかく仕上げなくては
なりません。なので、限られた時間の中でいかに煮込み時間を作れるかが
勝負。
自分の味噌スープはさっさと仕上げて、直ぐに煮込みました。

自分なりに、日本の醤油もミックスさせながら味付けしたんですが、
評価はいかに?


「すごく柔らかい。グッドフレイバー、プレゼンが美しい」との事でした。

ちなみに上に乗っているのはスターアニス(八角)と言うスパイス。
形がすっごく可愛いのでちょこんと乗っけました。
この他、シナモンスティックも風味付けに入っていますよ。

この中華風の角煮も美味しいけど、やっぱり私は日本人なので、日本風の
角煮にからしを付けて食べたいなー。

あ、それと、又生徒達に白髪ネギの作り方も聞かれました。
アメリカ人にとっては珍しいみたい。



そして今日は授業の後、シェフとの懇談がありました。
シェフ曰く、「本当に頑張っている。実技は今までのところ、平均97点。
クラスでもトップ。でも、筆記が2度とも80点台なので、これからあと
2回あるテストを頑張りなさい。

分からない事があったら何度でも聞きに来なさい。
自分達の仕事は、生徒を良い成績で卒業させる事なんだから
躊躇せずに納得するまで来なさい」との事。
有り難いです。

頑張ろうーーー!






ご訪問有難うございます。
2つのバナーにクリックして頂けると大変感謝です!
↓↓↓

人気ブログランキングへ




もう一つの料理ブログ「カリフォルニア・カフェ」も「ELLE」オンラインで
更新してます。


コメントを下さる方へ
大変楽しみにしています。ブログをしている方も、していない方も
気軽に残してくださいね。

写真・記事の無断掲載・転載は
御遠慮願います。
[PR]
by keiton-usa | 2011-07-27 06:17 | ル・コルドンブルー
こんにちは。


週明けの月曜日は少々辛いです。
デモを見ている間も眠かった・・・・・・

今日は、Duck Confitのマリネと東南アジアの料理。
インドのカレーとタイのカレーの違いなどを勉強しましたよ。




e0185225_932946.jpg

こちら、Thai vegetable curry with taro。
レッドカレーやグリーンカレーとは少し違います。

タロ(芋の種類)や厚揚げなどが入っているんですよね。
スパイシーで美味しいです。

評価は、「スパイスの香りをもう少し出すと良い」。


e0185225_9321724.jpg

Aloo Gobi。インドのカリフラワーが入ったカレー。

色が綺麗でした。
評価は「煮込み時間をもう少し」ですと。





e0185225_932247.jpg

そして、私ともう一人の生徒が作ったインド料理のサモサ。
スパイスで味付けしたジャガイモが入ってます。

正直言って、アップしたくなかったのぉーーーーー。

ホント、今日の料理はキツカッタ。

ぐだぐだ書くけど許してね。

昨日から、私がサモサを作る事になっていました。
で、作ろうと思ったら、一人の生徒が「ケイトンのサポートをする」って
言うので、二人で作る事に。

レシピも確認して来ていないので、私のレシピを写して材料集め。
ドウ作りと具作りがあるので、私はドウ作りを担当して捏ねてました。

この生徒、パーソナルシェフを仕事としているので、なんせプライドがある。
サポートと言いながら、主で作るのは分かっていました。
「一緒に作ろう!」って言われた時、正直、嫌だったんです。

私は、自分で言うのも何ですが、レシピを完璧に把握して、You Tubeでも
見て勉強して臨むので、次に何をすべきか、全部分かるんです。

なので、具が出来たら直ぐに生地で包める様に、アイス・バス(氷で冷やす)を
用意したり、揚げ上がると同時にお皿を暖めておいたり、
不必要な器具はさっさと洗いに行ったりと、助手としては最高だと思うんですよね。
ずーずーしい事言ってごめん。

だから、この生徒は誰かと作る時は必ず私に目を付けるんです。
もーそれが嫌で嫌で・・・・・(苦笑)

気ままに作っている人だから・・・
味はいいんですけどね。

今回のサモサも、私の頭の中では三角でコロンとしたもの。
お皿にちゃんと立つもの。

でも、彼女が「ケイトン、時間がないよね。私がどんどん包んでいくから
揚げて来て!」って・・・・

私がイメージしてたものからは程遠い・・・・
揚げ餃子みたいでしょ・・・・




e0185225_9323223.jpg

評価は、悪くなかったです。
「カリッと揚がってるし、具の味付けも良し」。

幸い、又、グループ編成があったので、明日からその子とはサヨナラです♪♪♪



帰りのドライブで思った事。

人は自分の鏡と言うけれど、結局私もその子と同じ考え。
ワーストワン君や、切れ気味ガールと作るのが好きって言うのは、
結局は、自分の思い通りに出来るから。

彼女にとっては、他のアメリカ人とはぶつかるんでしょうね。
私は何でもやるし、きつい事言わないし。
ワン君や、切れ気味ガールよりは完璧な下ごしらえをするだろうし・・・
アジア人なので、アジア系の料理はまあまあ、作れるし・・・・

はっきりした結論は出ないんですけど、やっぱり一緒に組む子の気持ちも
考えなくてはいけませんね。

みんな自分中心の生き物だから・・・
以前、私と組んだ子達もストレス抱えてたかも知れません。

ちょっと自分を振り返って反省もありました。



それでも、サヨナラできるのは嬉しい~~~~♪
ラストまで、一緒になりません様に。パンパン。(合掌・笑)

明日も頑張るぞ。




ご訪問有難うございます。
2つのバナーにクリックして頂けると大変感謝です!
↓↓↓

人気ブログランキングへ




もう一つの料理ブログ「カリフォルニア・カフェ」も「ELLE」オンラインで
更新してます。


コメントを下さる方へ
大変楽しみにしています。ブログをしている方も、していない方も
気軽に残してくださいね。

写真・記事の無断掲載・転載は
御遠慮願います。
[PR]
by keiton-usa | 2011-07-26 10:42 | ル・コルドンブルー
こんにちは。


昨日は、明日提出のレポートに終われててアップできませんでいた・・・・
課題は、新聞でも雑誌でも料理に関する自分が気になる記事を見つけ、
それに対する意見をまとめるもの。

私は、フレンチ上級クラスの時、担当シェフからEl BulliのDVDを貸してもらったんです。
「面白いから見てみて」って。

この世界一予約が取れないと言われているエルブリ(スペイン)レストランの技は本当に凄いんですよね。
フェラン・アドリアさんの作り出すお料理は、全てアートなんです。

そんな彼が日本へ、自分の料理のアイデアを探しに来た時の記事が面白かったので、それについて書きました。
彼を魅了するのはやっぱり京都のKaiseki。
2002年、初めて日本へ来て以来、エルブリのキッチンでは、WASABI, YUZU,SHISO,DASHIを普通に使うようになったそうです。

そして、3年前に来た時の収穫は以下のとおり。

鮎ソース
スダチ
オブラート
干し椎茸
蒟蒻

面白いでしょ。
どんな風に使うかが詳しく書いてあったんですけど、とても面白い記事でした。

世界中のシェフがインスパイアされる懐石料理。本当に興味深い。

なんだかんだ言ってもやっぱり私は日本食がベストなんですよねー。
あの懐石の繊細な包丁さばきをマスターできたら、どんなに美しいお料理が作れることでしょう。

フレンチ懐石、今後の私の目標です。



今日は、ちょっとお友達宅にお邪魔することになっていたので、
スナックに簡単なものを持参しました。



e0185225_994339.jpg

スイーツ持参じゃなく、お稲荷君とチャンプルー。(笑)

イクラを乗せたらもっと華やかなんですけどね・・・
冷蔵庫にあるもので作ったのでこんな感じ。

稲荷ずしを逆さまにして、茹でたエビとだし醤油に漬けたブロッコリーを
乗せ、マヨを少々。




e0185225_995369.jpg

素朴な美味しさ、エビのチャンプルー。

レシピを乗せておきますね♪






【材料】そうめん2束

そうめん    2束(硬めに茹でる)
レッドオニオン  半分(スライス)
しめじ     1パック(バラバラにする)
ニラ      一把(5センチ程に切る)
エビ      10尾(茹でる)
ネギ      適量
ニンニク    1個(みじん切り)
しょうが    ひとかけ(みじん切り)
ごま油    大匙1
サラダ油   大匙1
酒      大匙2
だし醤油   大匙2
ウエイパー  小さじ1
塩・胡椒   少々

① ごま油とサラダ油でしょうが、ニンニクを炒める
② レッドオニオン、しめじ、ニラ、を炒め、そうめんを加える
③ エビも加え、酒、だし醤油、ウエイパー、塩・胡椒で味付けをする。
④ ネギの小口切りを加えて出来上がり。



明日は、山の様なプロダクションIDのテスト。
(手触り、匂い、味で食材、調味料の名前を書く)

今まで習ったレシピのおさらいをして望みます。







ご訪問有難うございます。
2つのバナーにクリックして頂けると大変感謝です!
↓↓↓

人気ブログランキングへ




もう一つの料理ブログ「カリフォルニア・カフェ」も「ELLE」オンラインで
更新してます。


コメントを下さる方へ
大変楽しみにしています。ブログをしている方も、していない方も
気軽に残してくださいね。

写真・記事の無断掲載・転載は
御遠慮願います。
[PR]
by keiton-usa | 2011-07-25 09:34
こんにちは。


今日は、全てアジア料理。
特にL.Aで良く食べられている日本食です。



e0185225_6463186.jpg

天ぷら。
今日のデモは天ぷらと天つゆのデモでした。

天つゆはちゃんとだしを取るところから作り、味付けも美味しい。
甘すぎず、醤油の味が濃くなく、丁度いい味付けで少々オドロキでした。

具は、エビやサツマイモ、インゲン、玉ねぎ、そしてトュルネイというフレンチカットを
したズッキーニ。

私は、天ぷら担当じゃなかったけれど、天つゆの味付けを任されました。

シェフの評価は、「天ぷらの衣はもう少し薄く。つゆは良い」との事。



e0185225_6453592.jpg

こちら照り焼きチキン。

上手に作ってましたよ。
評価も良し。




e0185225_6454522.jpg

こちらはシュリンプトースト。

美味しかったなー。欲を言えばフライじゃなくて少し多めの油で炒め揚げ、
みたいな方がオイリーじゃなくていいですけどね。
ピリ辛でグー。

シェフの評価は、「エビのミクスチャーの味付けは美味しいが、もう少しライトに揚げる」
ですって。



e0185225_6455493.jpg

白ご飯と野菜炒め。

木耳、ヤングコーン、セロリなど歯ごたえのある炒め物。おいしい。

昨日、料理の担当を決める時、みんなが小さな声で「ワン君はライスで決まりね」って
明らかに、簡単なものを作らせようとして安心してましたが、
私は日本人でしょ。ご飯にはこだわりますよ。
「え、芯が残ったらどうーすんの?」って不安でした。

だから、自分のものを作りながらワン君を何度もチェックしに行きました。

でも、予想に反して(ごめん)美味しく炊けててビックリ!
「私がしゃもじでかき混ぜながら、うわ~美味しい!」って言うと、
ワン君喜んでました。

シェフの評価は「野菜炒めの火の通し方が良い。ご飯も美味しい」。
ワン君GOOD JOB-!  腕の毛も無事。


e0185225_646351.jpg

こちらロータスサラダ(レンコンのアジア風サラダ)。

一応レシピのドレッシングを参考に見てみると、セサミオイル、サイダービネガーってなってる。
シェフに「日本風?、中国風?、タイ風?」って聞くと、
「タイの辺りのアジア風」。

ちょっと良く分からんチンだな、って思いながら適当に作りました。

レンコンをスライスしてさっとお湯にくぐらし、冷水へ。
時間があったので、飾り付けに花レンコンも作りました。

評価は、「ビューティフォー!!味付けもエクセレント」。
何故か、ガッツポーズまでされました。(笑)
よっぽどシェフの好みのドレッシングが出来上がったのでしょう。

味見を何度も繰り返しながら適当に作ったので、同じものがまた作れるか分かりませんが、
ごま油、ナンプラー、レモン、アップルサイダービネガー、しょうがのみじん切り、
砂糖ほんの少し、みりん、紹興酒、ネギ、塩・胡椒、スイートチリソース。

参考にどうぞ。

花レンコンって珍しいのか、他のグループの子達まで写真を撮りに来ました。
同じグループの一人は、パーソナルシェフをしていて、
「うちのクライアントが喜びそうだから、ナイフカット教えて!」って言うので
教えてあげましたよ。

なかなか好評につき、気分よし♪





ご訪問有難うございます。
2つのバナーにクリックして頂けると大変感謝です!
↓↓↓

人気ブログランキングへ




もう一つの料理ブログ「カリフォルニア・カフェ」も「ELLE」オンラインで
更新してます。


コメントを下さる方へ
大変楽しみにしています。ブログをしている方も、していない方も
気軽に残してくださいね。

写真・記事の無断掲載・転載は
御遠慮願います。
[PR]
by keiton-usa | 2011-07-23 07:35 | ル・コルドンブルー
こんにちは。

今日は、世界の芋料理を習いました。
ちょっと前は、世界各国の穀物料理でしたが、今回は芋が主食となっているところの
お料理ですね。



e0185225_12273383.jpg

南米でよく取れるPlantainという長ーいお芋。
でも日本の長芋ではなく、固いんです。

これをチップスにしてます。ガーリック風味と2種類作ってました。
この芋が歯ごたえがあってめちゃ旨なんです。パキーンって感じ。

水分をしっかりふき取って高温でジャッと揚げる。
止まりません。

評価良し。




e0185225_12274142.jpg

アフリカのピーナッツシチュー。
いろんなスパイスが入っていてピリッと辛くて美味しい。

こちらも評価良し。


e0185225_12274996.jpg

こちらはペルー料理。Paps huancaina 。
南米のジャガイモにソースをかけています。
このソース、実際の色が蛍光色なの。オドロキ。

見た目より美味しいかったです。

評価は聞き取れなったんですけど、悪くなかったはず。




e0185225_12275768.jpg

これも、南米の芋&ポークをスパイスで炒めたもの。
ワン君作。

「肉の焼き方を間違えてる・・・・」ですって。
次回、頑張りましょう♪



e0185225_1228101.jpg

Tri color causa。
ちょっと料理名と料理がマッチしてないかもしれないんですが、(汗)
紫色のジャガイモと黄色いジャガイモ、そしてサルサのようなものを上に
乗せる料理。

セルクルを使って作る料理だったので、「これ私が作りたかったなー。」って後悔しました。
もうちっと、美しく出来たような・・・・・

シェフの評価は「サルサの味は良いが、見た目のバランスを良く」との事。





e0185225_12282494.jpg

そして、これは私が使うフレッシュココナッツ。

包丁の柄で割ったんですが、余りにもパカーンと2つに綺麗に割れたので、
ココナッツブラを作ろうかと真剣に思いました。





e0185225_12283771.jpg

私が作ったデザートタピオカケーキ。
「何、これ・・・・・?」ってプレゼンですね。しょぼい・・・・(笑)

これ、ブラジルのデザートなんです。正直、味はあんまり期待してませんでした。
でも、ところがどっこい、めちゃ旨!!

これは、私のレパートリーに絶対入れます。

ココナッツの実を卸すのがすごく時間がかかりました。
これは、ゼラチンや寒天なども入ってなくて冷蔵庫で冷やし固めるデザートなので、
時間が勝負なんです。

で、どう考えても1時間でしっかり固まるとは思えなかったので、2つの型に
流し込み、薄く仕上げました。

これは正解で、固まらずにプレゼンをしているグループがいたのでgood jobケイトン!

評価は、「もう少し硬い方がいいが、味は美味しい。え?何これ?」
良く見ると、型の下に敷いていたベーキングシートを剝がすを忘れてる・・・・(ガーン)

笑ってごまがしておきました。


違うグループになった「切れ気味ガール」もこのケーキ担当だったみたいですが、
時間内に固まらずにドロドロままプレゼン&家へお持ち帰り。

ちゃんと、明日型を返すのだよ。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ところで、お友達ブロガーさん、「笑顔の時間」のフミエちゃんから
こんな贈り物が・・・・・・・



e0185225_12313311.jpg

イタリアンラー油。

フミエちゃんのブログ開設1周年記念のプレゼントでみごと当選♪
やっぱり私はラッキーな人だわ・・・

このラー油、最高に美味しいんです。これ売れるよ。



e0185225_12314183.jpg

それと、フミエちゃん作の携帯ストラップ。

私の好きな数字8を作ってくれました。
これ、グルーでくっつけたんだと思ってたら、全部手縫いなのね。

配色も好みー♪

手術後の病み上がりで、チクチク作ってくれたんだね。
本当に有難う。大切に使います。








ご訪問有難うございます。
2つのバナーにクリックして頂けると大変感謝です!
↓↓↓

人気ブログランキングへ




もう一つの料理ブログ「カリフォルニア・カフェ」も「ELLE」オンラインで
更新してます。


コメントを下さる方へ
大変楽しみにしています。ブログをしている方も、していない方も
気軽に残してくださいね。

写真・記事の無断掲載・転載は
御遠慮願います。
[PR]
by keiton-usa | 2011-07-22 13:26 | ル・コルドンブルー
こんにちは。

今日はニョッキ作りのデモからスタートです。
教室へ入るなり、みんなそれぞれニョッキに使うジャガイモをホイルで包んでオーブンへ。



e0185225_6442776.jpg

ニョッキは本を見て、過去に1回だけ作った事があります。
きちんと習えて良かった。

それにしてもニョッキ作りって楽しい~♪


e0185225_6443556.jpg

こちらは、焦がしバターにセージで香り付け。
シェフ達はニョッキの仕上がりを点検したいので、ソースはシンプルです。

評価は、「全体的に良いが、ドウに少しだけ塩を足すとよい」。




e0185225_6444562.jpg

ここからはグループ。
ロシアの代表料理、ボルシチですね。

シェフも言ってましたけど、ベイクしたビーツは缶詰に比べて断然美味しいと。
自然にこんな美しいカラーを生み出すビーツ、惚れてます。 オレンジ色もね。

サワークリームを入れて食べると、爽やかながらコクあり。

評価は、「もう少し、ワインビネガーの酸味を」。



e0185225_6445745.jpg

こちらはBoxty Bread。
アイルランドのフラットブレッドです。

これ、味見するの忘れたなー・・・




e0185225_6451174.jpg

こちらはBolinhos de bacalao。
ポルトガルで有名なフィッシュボール。

ワースト・ワン君と私の夢の競演。

この料理は塩漬けのタラを水で戻したものを、ボイルするところから始めます。
アイオリソースを添えて頂くお料理なので、まず、ワン君にタラのボイルとアイオリソースを
担当してもらいました。
 
タイムアップまで20分になった時、「アイオリソース出来た?」って聞いたら
ワン君は「ブレイク(分離)したら困るから、直前に作るよ」って言う。

え?でも、あと20分だぜ・・・・って思いながらも「OK」って言って任せました。
で、最終段階で私がフィッシュボールをお皿に並べていると、何故か、ワン君以外の
別の生徒がシャカシャカアイオリ作り・・・(マヨ作りに似てます)

「あ、そうか、結局ブレイクしちゃったのね・・・・」(苦笑)

でも、いいのよ、いいの。
失敗したら、さっさと他人に頼む。自分でやり直されたら間に合いませんからね。

今日は腕の毛も燃えてない様だし、良く出来ました。上出来ー! 密かに点検・・・

そしてシェフの評価は、「玉ねぎのカットをもう少し小さくすると良いが、フィリングが凄く美味しい」との事。アイオリソースはちょっと塩気が強かったみたい。

最後、ソースを味見をした時、「塩辛い・・・」って思ったんですが、やっぱりちょっと言えなかった。
プライドがありそうな人には言いづらい・・・・
こういうとこが、私の弱点。


結論。
私はやっぱり「切れ気味ガール」や「ワン君」との競演が好き。









ご訪問有難うございます。
2つのバナーにクリックして頂けると大変感謝です!
↓↓↓

人気ブログランキングへ




もう一つの料理ブログ「カリフォルニア・カフェ」も「ELLE」オンラインで
更新してます。


コメントを下さる方へ
大変楽しみにしています。ブログをしている方も、していない方も
気軽に残してくださいね。

写真・記事の無断掲載・転載は
御遠慮願います。
[PR]
by keiton-usa | 2011-07-21 07:20 | ル・コルドンブルー
こんにちは。


今日は、このコースが始まって2度目の筆記テストでした。
Production ID(手触りや匂い、味で素材や調味料の名前を書く)が
多く含まれているので覚えるのが大変です。

今回は、アジア系が多かったから私にはちょっと有利だったかな?
例えば、Yuzu Juice, Yakisoba noodleとか・・・前回は昆布もあって
多くの生徒が「海苔」って書いてました。あ、Katsuobushiも出ました。

そして各国の料理でいろんな粉類を使うので、これらも全部把握しなきゃいけません。
授業が終わる度に少しずつジップロックに入れて持ち帰ってたので万全でしたよ。
塩だけで15種類位あるので、行き当たりばったりじゃ回答できないんです。



テストの後は、いろんな国のドウ(生地)使いを勉強。



e0185225_604480.jpg

そして、クレープの焼きを点検されました。
上のクリームは食べる時に適当にかけたので綺麗じゃないです。

焼きは、グット。




e0185225_605388.jpg

そして今日から又、新しいグループでの作業です。

ピザマルガリータ。
「生地は良い出来だけど、ソースが足りない」とのこと。



e0185225_61937.jpg

こちらSopa de lima。
メキシカンチキンスープです。揚げたトルティーヤが入っていて美味しい。

評価も良し。



e0185225_611834.jpg

こちらSpinach Fettuccini with Chiles and Sauteed Shrimp。

評価は、「パスタは悪くないが、もう少しソースが必要」。
美味しかったですけどね。




e0185225_613158.jpg

で、こちらシェフの味見後なんですが、私が作ったVegetable egg roll。
揚げ春巻きです。

シェフの評価は「スタッフィングの味、フレイバーは良いが少し水分が多い」。
私、間違えちゃったのが、Chinese egg rollじゃなくJapanese egg rollを
作っちゃった事。

チャイニーズバージョンをアメリカで良く食べる人は分かると思うんですが、
結構中がドライなんです。
で、日本の春巻きってドロッとしてるじゃないですか。
それを作っちゃったんでパーフェクトではありませんでした。ま、いっかー。



今回のグループ編成で、ベーキングクラスのワースト1君と夢の競演。(笑)
でも、思ったんですが、男子でお菓子作り苦手な人って、とことんぐちゃぐちゃに
なるでしょ。でも、お料理だとそんなに酷くないですよ。

ただ、この人、今日は腕の毛を燃やしてました。(苦笑)
最後にみんなで集まって、明日のメニューの担当を決めてたら、決してヤケドしてるわけでは
ないけど腕の毛に燃えた後が・・・・・やっぱり不器用なのかすら・・・?
毛深い人なので良く分かりましたよ。

明日は、私と一緒にポルトガルのフィッシュボールを作ります。
宜しく。







ご訪問有難うございます。
2つのバナーにクリックして頂けると大変感謝です!
↓↓↓

人気ブログランキングへ




もう一つの料理ブログ「カリフォルニア・カフェ」も「ELLE」オンラインで
更新してます。


コメントを下さる方へ
大変楽しみにしています。ブログをしている方も、していない方も
気軽に残してくださいね。

写真・記事の無断掲載・転載は
御遠慮願います。
[PR]
by keiton-usa | 2011-07-20 06:46 | ル・コルドンブルー